« 08.結局、地元の事は地元の不動産屋 | 家を建てる | 10.急な土地購入の契約日 »

家を建てる!  >  01.土地を購入するまで編  > 09.またまた魅力物件登場か?

09.またまた魅力物件登場か?

他にもその地元不動産屋で大手不動産屋経由で地元の物件もあるとのこと。

これまた調査を依頼した土地と同じ地主さんの土地で、道路1本違うだけ、同じ60坪だが、土地の前の道路幅が4メートルしかなかった(もう1つは6メートル)。

昔の区切り方だから、今ではあり得ない道路幅らしい。


雪が降る札幌、雪が積もると道路の横には左右確認できないほどの雪山ができる。
除雪の車が入るのもときどき。
道が狭いとなると、対向車をかわせないこと間違いなし。

実際に見に行った時、4メートル道路に面した方は土地の両隣り、裏の家に塀などなく、家を建てる際には作らなくてはいけない感じだった。


調査を依頼していた土地の前をウロウロしていたら、お向かいのご主人が庭をいじるのに出てきて、「購入されるのですか?」と話しかけてきた。
すかさず一緒にいた祖父が「ここの土地と1本向こうの土地を迷っているが、向こうの土地の前の道路は除雪車が入りますか?」と聞いた所、「入らないよ、向こうは」とのこと。

うーん、不動産屋の方は「入りますよ」と言ってたから、見に来て良かった!
向かいのご主人に感謝!そして咄嗟の祖父の対応にさすが年の功〜と感心。


「塀を回すにもお金がかかるし、道路幅を買うこともできない、除雪も入らないから、
調査をお願いしている土地が良いのでは?」
と祖父の鶴の一声で決定。
・・・最初の方が良いと散々言ってた私、祖父の一声で両親は納得したと言った感じでした。
8月下旬である。

« 08.結局、地元の事は地元の不動産屋 | 家を建てる | 10.急な土地購入の契約日 »

About

一戸建てマイホームを購入した夫婦の建築日記です。ハウスメーカーさんではなく、注文住宅です。
こうすればもっと良い家になったのに、というコトなど。
人生にそうそうある訳ではない「家を建てる」というビッグイベントで、少しでもウチの一戸建て建設経過がみなさんのヒントになればと思っています。