« 建築基準法とは | 家を建てる | 容積率とは »

家を建てる!  >  10.用語集  > 不動産取得税とは

不動産取得税とは

不動産取得税とは

不動産取得税とは、土地・家屋を取得した場合に「一度」だけ課税される税金です。
不動産の取得、というと土地や家屋を購入した時だけでなく、増築のために不動産を取得したり、土地の贈与、交換などで取得した場合もありますね。

登記の有無や有償・無償を問わず課税されることになります。
収める先は、各都道府県です。

また、不動産取得の税額は不動産を取得した時の価格ではなく、固定資産課税台帳に記載されている固定資産税評価額を基に算出されるため、相続や贈与など無償で譲り受けた場合にも課税されるようになるということです。

不動産を取得後、一定期間内に管轄の税事務所より納付通知書が発行されます。


不動産の取得でお金を使い果たさないよう、不動産取得税に備えてしっかりお金は残しておきましょう。

« 建築基準法とは | 家を建てる | 容積率とは »

About

一戸建てマイホームを購入した夫婦の建築日記です。ハウスメーカーさんではなく、注文住宅です。
こうすればもっと良い家になったのに、というコトなど。
人生にそうそうある訳ではない「家を建てる」というビッグイベントで、少しでもウチの一戸建て建設経過がみなさんのヒントになればと思っています。