« 2006年01月 | メイン | 2006年03月 »

2006年02月23日

登記識別情報とは

登記識別情報とは

登記識別情報とは、簡単にいえば「クレジットカードでいう暗証番号のようなもの」。
どんなに親しい人にも見せたり教えたりしてはいけないものです。

というのも、「登記識別情報を知っている」ということが不動産の権利者、という認識になるためです。

そのため、目隠しシールは剥がさずに、大事に保管するのが良いと思います。


登記識別情報とは

登記識別情報とは、算用数字とアルファベットを組み合わせた12桁の符号です。
これは、不動産ごと、登記名義人ごとに割り当てられます。

通知された登記識別情報の再発行や変更は出来ません。

また、そもそも登記識別情報の通知をしないことも可能なようです。
ただし、不動産を売却する際に登記識別情報がないために手続きが煩雑になるようです。


もし他人に登記識別情報が漏れたら・・・

登記識別情報そのものを失効させる制度があるようです。
そういう場合は専門家、司法書士に相談するのが良いようです。

2006年02月19日

30.家の中を見に行きました。

「内装貼ったので、見にきませんか?」とのことで新居を偵察な2月中旬。

すっかり床にフローリングも貼られ、内装も一部を残すのみ、キッチン、洗面台、クローゼット、ドアもあり、ほぼ全て終わっていて、大工さんはテラスを作成していた。


先日の「2月末まで間に合うの?」との心配は無用でした!?
ドアもフローリングもナチュラルな色を選んでいたので、内装の色とも調和してとっても明るい色に。
キッチン、脱衣所の塗装部分も薄い黄色がキッチンの木目と合って明るい印象!!!

正直、カタログで選ぶと質感とか実際のイメージが一生懸命想像しても不安を抱いていた部分があったけど、とっても良かった、大満足!!!
『とにかく明るく!』と思っていたので、温かくも感じた。

それと同時に気になる点も出てきた。
2階寝室のドアのすぐ横の壁のコンセントの位置。
タンスを2つ並べる予定でOさんにタンスのサイズをお知らせしていたが、
どうもコンセントの位置が邪魔になりそうな・・・。
Oさんも調べて邪魔ならずらしますねと言ってくれた。
そして帰宅後、キッチンで冷蔵庫を置く位置が気になった。
最初の設計図では食器棚と冷蔵庫の位置が逆になっていたが、食器棚が大きいので位置を変更。
それに伴い床下収納の位置も少しずらすことに。

コンセントの位置も変更。

しかし最近までの打ち合わせで使われていた設計図が当初のままだった。

気になっていたけどキチンと確認していなかったので、床下収納が本当にずれてるのかな?と不安になった。
タンスの件も含めてOさんに電話。

コンセントの位置はやはり少しずらすことに。

床下収納は大丈夫です!とのことで一安心。
勝手にアレコレ思っているよりも、ちょっとしたことでも確認をしていく方が良いですね。

2006年02月18日

地鎮祭とは

地鎮祭とは

地鎮際とは、建物の工事に先立ち、土地の神を祝い敷地を清め、神の加護と工事に関わる人々の安全を祈願するために行う儀式のことです。

この考え方には、大地にはそれぞれの土地を司る神々がお鎮まりになっている、という思想が根本にあります。
ですので、その土地に人が手を入れる場合には、その土地を支配する産土神(うぶすながみ)と大地主神(おおとこぬしのかみ)に許しを請う必要があり、これを得るために地鎮祭が行われる、というのが本来の意義のようです。

が、今は地鎮祭を行わないケースも増えています。
(地域や信心深さにもよるとは思いますが)


地鎮祭をやる場合には、まずは工事業者に相談してみましょう。
段取りをしてくれる場合があります。

また、地鎮祭が終わった後に神主さんに払う謝礼・お礼のことを初穂料玉串料)といいます。

お供物は野菜、果物、魚、酒、水、塩、米などが用意されます。

また、お供物は基本的には「神様にお供えしたもの」ということで、神主さんがお持ち帰りになることが多いようです。

2006年02月17日

29.「カーテン」決定しました!

翌朝、Oさんが申し訳なさそうに来訪。
Oさん「どうでした?」と苦笑い。

私達はシンプルで使い勝手の良い、居心地の良い家造りを目指していたので、
結局、オーソドックスな「カーテン」ということでタッセル(カーテンを留める部分)とブレード(カーテンに付けるオプションのレース)はなし、カーテンレールも木目調なシンプルなものへと決定。


「お客さんの意向第一」なOさんも「いやぁ〜私から見てもシンプルなので良いと思います」とめずらしく自らの意見も盛り込まれた話しをしてた。

カーテンレールは内装の色やドアの色と合うデザインのシンプルな木目調のものにしたところ、
たまたま壁と平行になっているタイプか、レールの端が湾曲してカーテン留めの壁とカーテンの隙間が開かず、外からも見えづらいタイプのものかを選べるものだったらしく、端が湾曲しているタイプにした。

今の住まいはレールが壁に対して平行なタイプで、どうしても横から部屋の光が漏れ、部屋の中も見えているのでは?と思い、カーテン留めの金具にカーテン留めを折りたたんでそこにカーテンを挟んで・・・と工夫していたので、その心配がなくなった!
ちょっとした部分でもどんどん進化し続けているんだなぁ〜と感心した2月上旬だった。

2006年02月15日

地鎮祭 玉串料とは

地鎮祭 玉串料とは

玉串料とは、地鎮祭の際に神主さんに払うお礼のことです。

初穂料と書くことのほうが多いようです。

お礼・玉串料の相場ですが、地域によって結構ばらつきがあるようです。

少ないところですと、玉串料は一万円。
大体は二万〜三万程度のようです。

詳しくは【用語】初穂料をご参照ください。

地鎮祭 初穂料とは

地鎮祭 初穂料とは

初穂料とは、地鎮祭の際に神主さんに払う謝礼・お礼のことです。

式が終わった後に神主さんにのし袋に入れて渡します。
のし袋には「初穂料」と書きます。

封筒はお祝い封筒などで大丈夫です。

気になる初穂料の相場ですが、地域によって結構ばらつきがあるようです。

少ないところですと、初穂料は一万円。
大体は二万〜三万程度のようです。
高ければ五万ということもあるようです。

値段が気になるのであれば、神主さんにストレートに聞くのもありです。
その際、「お礼はお気持ちで結構です・・・」という答えが返ってくると、うーん・・・いくら欲しいんだ、といった感じではありますが。

初穂料、もしくは玉串料と書くこともあります。

28.カーテン事件勃発!?

いよいよ、決定事項が少なくなりつつある2月上旬。

カーテンは自分達で購入しようと思っていたが、カーテンレールと一緒に建設会社にお願いする運びとなった。
Oさんがカーテンのこれまた大きなカタログを1冊、カーテンレールのカタログを1冊届けてくれた。
すると、やはりまたまた社長さんの提案付き!?


カーテン、レースのカーテンはこれが良いのでは?というカタログに付箋がついていた。
そして提案事項の箇条書きメモつき。

・カーテンは全部屋同じものが良いのでは?
・レースは薄めの無地っぽいのが良いのでは?
・タッセル(カーテンを留めるもの)は編みこみの豪華なものが良いのでは?
・ブレード(カーテンの生地にオプションで付ける豪華なレース)を付けた方が良いのでは?
・カーテンレールはカーテンの生地で覆い隠す作りのものが良いのでは?

といったもの。
カーテンの選んでくださった生地はイメージしていたオレンジ系のもので、
カタログの他のを見ても、社長提案のものが一番好みだった。
レースはミラータイプ(外から見えづらいもの)の無地っぽい、生成りがかった色へ変更。
そして問題のタッセル、ブレード、カーテンレールを隠すタイプ・・・。
タッセルはリビングダイニングだけつけようか?と話していたが、結局カーテンと同じ生地のオーソドックスなタイプへと決定。
ブレード、カーテンレールを隠すタイプもナシ。

夫がOさんにその旨電話した際、近くに社長さんが居たらしく、急に社長自ら電話口で
自分の提案したタッセル、ブレードを力説・・・!?
これにはちょっとビックリ。
今までそんなことなかったし・・・夫は「妻と相談します」と一旦電話を切り、その後再びOさん来訪。
私は外出中だったので帰宅後様子を聞くと「家が全体的にシンプルなので、せめてカーテンでアクセントを!!!」と豪華さを主張の社長の気持ちを汲むため1日クッションをおいてもらえますか?とのお願いだったらしく、Oさんの顔を立てることに。
そしてまた明日来訪しますとのこと。
「Oさん、間に入って大変だよねぇ」な日だった。

2006年02月14日

リロケーションとは

リロケーションとは

リロケーションとは、移転や再配置のことです。
リロケーション=Relocationと表し、「留守宅を人に貸すこと」をさします。


リロケーション会社は、転勤者の留守宅を賃貸住宅として貸し出す管理業務を行います。
大きい会社であれば、このリロケーション業務を社内で持っており、自社の転勤者の留守宅を借り上げ、転勤したさらに他の社員に貸すというケースもあるようです。

平成12年3月1日より定期借家権(定期借家権制度)が認められるようになったため、期限付きでも自宅を賃貸住宅として賃貸契約を結ぶことができるようになりました。
その結果、せっかく買った新築マンションや一軒家を不意の転勤で泣く泣く手放す・・・ということもせずに、賃貸収入をローン返済へと回すことがしやすく、また人に貸すことによって不在期間中の家の傷みを抑えるということも可能になりました。

こういったことから、リロケーション市場は今後も拡大すると考えられています。

27.年が明けたが連絡なし。

年明け、なかなかOさんから打ち合わせ等の連絡がなく、不思議がっていたらきました。
決定すべき事項の打ち合わせです。


【電動物干しの位置】
脱衣所の天井に物干しを付ける際、母の強い推薦で「電動物干し」を設置することになった。
腕を上に伸ばすことなく、物干し自体を上げ下げできるのは便利と実際に使っている母イチオシだった。
日常のことなので、ちょっとした便利さは後々大きいよ!とのこと。
洗濯機、洗面台、ボイラーも脱衣所にあるので、ちょうど洗濯物がかかっていても邪魔にならない真ん中に設置をお願いした。

【内装について】
大掛かりなものの決定は社長さんが関与することが多いのだが、この内装も!?
設計図に社長セレクトの内装を貼付したもの&大きなカタログ2冊をお借りした。
リビングダイニングの一部の内装は変更、2階寝室は提案通り。
2階(将来)子供部屋は提案がなかったので、模様の少なめな石目調の白っぽいものを。
キッチン、洗面脱衣所は塗装をするとのことで、塗装の色を選んだ。

提案は、ゴリ押しされるとさすがにキツイが、間に「お客さんの意向第一」のOさんが入ってくれるので、ゼロから決めるよりも目が肥え、今のところ良いものを選択できていると思う。

あと1ヶ月半かぁ・・・と思いつつも実感のない1月中旬であった。

2006年02月13日

固定資産税とは

固定資産税とは

固定資産税とは、毎年1月1日(=賦課期日)現在、土地・家屋・償却資産(総称して「固定資産」という)を所有している人に、その資産のもつ財産価値に応じて課税される税のことを言います。


固定資産税を納める人(納税義務者)

固定資産税を納める人は、原則として固定資産の所有者となります。

・土地 ・・・ 土地登記簿又は土地補充課税台帳に所有者として登記又は登録されている人
・家屋 ・・・ 建物登記簿又は家屋補充課税台帳に所有者として登記又は登録されている人
・償却資産 ・・・ 償却資産課税台帳に所有者として登録されている人

ただし、所有者として登記(登録)されている人が賦課期日前に死亡している場合等には、賦課期日現在でその土地・家屋を実際に所有している人が納税義務者となります。

固定資産税の計算方法

固定資産税の税率は1.4%です。計算方法は以下となります。

  固定資産税額 = 課税標準額 × 税率(1.4%)

(市街化区域の土地と家屋の場合、都市計画税がかかる場合があります。税率は各市町村で異なるようです)

固定資産税の納付時期

固定資産税の納期は一括納税、もしくは年4回の分納です。


固定資産税を軽減するポイントや免税などもあるようです。
これに関してはまた後日調べて記載しようと思います。

2006年02月12日

26.年末年始の身内閲覧会!

年末年始、年明けの3連休も含めて大工さんは10連休とのこと。
その間は鍵を借りて両家実家や親戚にちょっとしたお披露目をした。


外壁も貼り、足場も年内にはずしていたので、全貌が明らかになった。

1階の一部に車庫があるので、かなり大きな家に見える・・・。

中に入るとまだ天井はなく、2階に上がる階段もなし。
設計図よりリビングダイニングは小さく感じ(いや、結構広いのですが、イメージ的に)、
リビングの隣りの部屋(夫の仕事部屋になる予定)は意外に大きく・・・。
お風呂だけポンと置かれていて、その他はまだ何もない空間。

正直、「2月末に間に合うの?」と思った年末でした。

2006年02月11日

日影制限とは

日影制限とは

日影制限とは、「建築敷地の隣地の日照を保護するための制限」のこと。
言い換えると、建物を建てる事によって生じる日影で、近隣の建物が迷惑を受けないように定められた規制のことです。

この日影制限、制限を受ける地域は、都市計画の用途地域の区分で定められています。
例えば、商業地域では高さの制限はあっても、日影の制限は無いなど。

日照に関しては、自分が建築する側や、引越しでマンションに入るなどの際、気をつけたいポイントの一つですね。

2006年02月10日

25.どんどん決定事項が増えてきた!

11月下旬から、どんどん慌しくなってきた。
アナログ(?)なOさん、会社のメールアドレスがあるけど、用件などは全てFAXでやってくる。
たまに我が家のFAXが不調だったり、FAXのリボンが途中でなくなってストックもなく、内容が分からなかったり・・・。
こんなに活躍するとは思わなかった、我が家のFAX!?

決めることはどんどん出てきた。

【ドアのデザインと色】
見積りの際、キッチンや洗面台同様、一応決められたものがデザイン性がありすぎたので、
ラインの入ったシンプルなデザインに変更。

【階段の手摺り】
階段と同じメーカーのものがあまりシンプルではなかったとのことで、
カタログで比較、Oさんオススメのシンプルデザインのものに決定。

【ガラスの色】
これって「透明」だけだと思っていたら、ブロンズ、ブルー、透明の3色を選べた。
見本を持ってきて下さり、家の中から見る外の色、外から見るガラスの色、アレコレ選んでいたら、最初は透明がいいと思っていたけど、ブルーが良くなってきた。
ブルーを使うところが最近増えてきているとのこと。
ブルーに決定!

【照明器具、スイッチ、コンセントの位置】
照明器具を担当される業者さん、電気工事をする業者さん、Oさん、夫、私で打ち合わせ。
照明器具は全て提案され、変更したいものはこのカタログから選んで下さいとのことだった。
玄関、車庫前、階段の照明を変更。
スイッチの位置、コンセントの位置も設計図を見ながら、どこに何を置くか?を打ち合わせつつ決定。


この他、「こんな細かいものも決めるんだ・・・」的なものも打ち合わせした12月だった。

2006年02月08日

日照権とは

日照権とは

日照権とは、憲法25条が保障する健康で文化的な生活を営むために太陽の光を享受する権利。
一定時間以上の日照を確保する権利のことです。
誰でも、一日中陽の当たらない場所では生活したくないですよね。


ただし、建築基準法は直接関係しない権利です。
日照権というものは建築基準法にはないんですね。

その代わり建築基準法にあるのは、日影制限です。

日影制限とは、「建築物によって生じる日影が隣接する敷地にどのような影を落とすのかを検証し、規制するもの」となります。
具体的には、敷地境界から5m以内の範囲、5m超〜10m以内の範囲、10m超の範囲で日影となる時間の限度を規定し、用途地域や行政によっても変わるとのことです。
商業地域では、高さによる制限はあっても日影による規制はない、とかですね。

住宅購入の際には、ぜひとも「日照」に関して、近隣の方の権利も考えて気をつけたい部分です。
(建築する側になっても、マンション購入の立場になっても)

24.「家の顔」、外壁を決めた。

週に1〜2回、Oさんと家の打ち合わせをするペースに慣れてきた11月中旬、
1枚の板に1種類、数色の外壁の見本が貼ってあるものを6枚ほど持ってきてくれた。
6枚で20kg程ある板、別な現場が終わって新居造りに参戦して下さる若手Tさんが持ってきた。


最近、出かけた際に色んな家の外壁を観察していたが、最近の流行が「イタリアンカラー」や鉄板のような素材を使ったもの、2トーンカラーの家などかな?と思っていたら、やはりそうらしい。
近所の新しい2軒の家はどちらも鉄板のような素材を使用していた。
Mさん「あの鉄板は薄いので防音面や寒さ対策には向かず、雪が積もると柔らかいので傷むんですよね・・・」と!?
またまた雪国ならではの問題だなと思い、即却下。
イマイチいいなと思う外壁が思い浮かばず。
何となく「落ち着いた感じがいいよね」と夫と話していた。

Oさん「社内で数日、アレコレ案を出し合ってこのデザインの外壁(A)とこのデザインの外壁(B)を一部組合せ、陰影を出すようにと思ったのですが。」
A、Bともに色は『白』(少しグレーがかった白)だがデザインが異なり、少し違う色にも見える。通常は横使いをするものをBは縦に使うことによって陰影が出るとのこと。
(社長さんが「白亜の城だ!」と言っていたらしい。)

夫と私は一目で気に入った!

後日、父母に外壁見本を持って行った際、Mさんも仕事帰りに立ち寄って下さり、
外壁や今後の進み具合なども教えてもらった。
父母も『白』が気に入った様子♪で決定!

2006年02月06日

不動産取得税の計算

不動産取得税の計算

不動産取得税は、不動産(土地・家屋)を取得したときに1度だけかかる税金のことです。


不動産取得税の計算は、以下の計算式となります。


土地・建物の税額=固定資産税評価額(課税標準額)×3%
(平成18年3月31日までの取得分は3%。従来は4%です)


宅地の場合は、平成17年年12月31日までに取得したものについては、固定資産課税台帳価格の2分の1が課税標準額となります。


不動産取得税の軽減措置についての知識も、知っておくと知らないではとても違ってきてしまいます。
高い買い物をした後、少しでも軽減したいですよね。

軽減措置についてはお住まいの担当役所課へ連絡して聞いてみると、結構丁寧に教えてもらえたりします。


また、こちら↓もとても参考になります。
不動産取得税 - [住宅購入のノウハウ]All About:
藤和不動産 不動産取得税
東京都主税局 住宅を取得したときの軽減は

建蔽率とは

建蔽率(建ぺい率)とは

建蔽率建ぺい率)とは、建物に蔽(おお)われている面積のことをいいます。
言い換えると、敷地面積に対する建築面積の割合のこと、となります。


この建蔽率、用途地域(住居、商業など)ごとに定められています。
というのも、敷地内に一定割合の空き地を確保し、市街地の環境を守ることを目的としているためです。

建蔽率建ぺい率)の計算式は、

  建物(建築面積)÷土地(敷地面積)×100 = 建蔽率(建ぺい率)

となります。

2006年02月05日

23.基礎工事、着々と。

確認申請がおりてから、雪が本格的に積もるまでにと着々と基礎工事が進んでいた。

この寒い時期ならではらしいが、コンクリートが固まるのに時間がかかるらしく、
「数日固めるためにおいて置くので、作業が進んでいないように思われますが・・・」
とOさんから連絡が入った。


新居から職場が近い父がしょっちゅう見に行っているらしく「最近、全然進んでいないんだよな」とメールが来ていたので、父にも一応知らせておいた、「一体誰の家?」と母が呆れている程行っているらしい。

コンクリートは寒さで固まるのに時間がかかるものの、しっかりとした良いコンクリートになるらしい。
床が『コンクリートに直接フローリングを貼っていく』状態になるので、かなりのコンクリートが使われている。
もっと暖かい時期から着工した方が良かったかな?と思っていたが『良いコンクリート』にすっかり気を良くした♪

2006年02月02日

22.キッチン、洗面台、トイレ、バスルームを決定!

先日、母とTOTOショールームへ行った際、もう一度確認したいねと夫、両親の4人で週末に行ってみた。
どんどん決定事項が増えていく中、キッチン、洗面台、お風呂も週明けにOさんに伝えないといけなかったので!?
テーマは「使いやすさ、手入れのしやすさ、シンプルなデザイン」。
そして決定した内容は・・・

【キッチン】
これは別なショールームのキッチンで見積もりでしたが、TOTOに変更。
掃除しやすいフード、傷がつきにくいシンク、収納の多さ、デザインを重視して選んだ。
木目調の扉、カウンターは人工大理石に。
とっても明るいキッチンになりそう!


【洗面台】
これはすんなり前回来た際、母と気に入ったシンプルなデザインで、蛇口、水栓が鏡の真下に付いている、シャワータイプ。
蛇口や水栓の根元はどうしても水で濡れて水アカが溜まってしまうので、上に付いているのは理想的!
しかもシンプルなのにカッコイイ。
洗面ボウルが大きく「赤ちゃんの沐浴もできますよ!」との説明が。
それ程大きく、手入れもしやすいデザイン。


【トイレ】
建設会社が提案してくれていたものに決定。
便器のフチがなく、水の流れがトルネード式のもの、お手入れしやすいタイプ!
1階はウォシュレットとお揃いでベージュを選んだ。
2階は現在、結婚祝いにと貰ったウォシュレット(ブルー)があるのでそれを使用することに。
便器の色がブルーに合うものはどれかと悩んでいたら、陶磁器の見本タイルを貰い、帰宅後色を決定することにした、これは画期的!と思った。
トイレのミニチュアが¥3000(確か)で売ってました、担当の方は玄関に置いて鍵入れにしているそうです、とってもかわいいです。


【バスルーム】
建設会社が提案してくれていたものに決定。
CMでお馴染みの『魔法びん浴槽』、追い焚きなしで6時間温かい方を選んだ。
追い焚き機能があるものよりも経済的で清潔に長く使えると思った。
夜入浴、朝、残り湯で洗濯する際、ちょうど洗剤がとけやすい温度になっているそう!
そして提案は浴室の「床暖」だったが、ショールームの方の話しでは「暖房換気扇」の方がメンテナンスも簡単で、洗濯物を干せるように物干しも付いているのでオススメとのことでこちらに変更。
「暖房換気扇」は普通は標準仕様らしいが北海道はオプション品・・・雪国仕様ってことですね。
色は実物の見本を見たり、ミニチュアで中のパネルと合わせたり、イメージ図のシュミレーションを見せてくれたりでじっくり考えることができた。
ここでも木目調のパネルを使ったりと温かなバスルームになりました。


2時間程ショールームに居た。
女性としてはデザインももちろんですが、お手入れのしやすさも重要!
母の意見が頼りになりました。