« 26.年末年始の身内閲覧会! | 家を建てる | 27.年が明けたが連絡なし。 »

家を建てる!  >  10.用語集  > 固定資産税とは

固定資産税とは

固定資産税とは

固定資産税とは、毎年1月1日(=賦課期日)現在、土地・家屋・償却資産(総称して「固定資産」という)を所有している人に、その資産のもつ財産価値に応じて課税される税のことを言います。


固定資産税を納める人(納税義務者)

固定資産税を納める人は、原則として固定資産の所有者となります。

・土地 ・・・ 土地登記簿又は土地補充課税台帳に所有者として登記又は登録されている人
・家屋 ・・・ 建物登記簿又は家屋補充課税台帳に所有者として登記又は登録されている人
・償却資産 ・・・ 償却資産課税台帳に所有者として登録されている人

ただし、所有者として登記(登録)されている人が賦課期日前に死亡している場合等には、賦課期日現在でその土地・家屋を実際に所有している人が納税義務者となります。

固定資産税の計算方法

固定資産税の税率は1.4%です。計算方法は以下となります。

  固定資産税額 = 課税標準額 × 税率(1.4%)

(市街化区域の土地と家屋の場合、都市計画税がかかる場合があります。税率は各市町村で異なるようです)

固定資産税の納付時期

固定資産税の納期は一括納税、もしくは年4回の分納です。


固定資産税を軽減するポイントや免税などもあるようです。
これに関してはまた後日調べて記載しようと思います。

« 26.年末年始の身内閲覧会! | 家を建てる | 27.年が明けたが連絡なし。 »

About

一戸建てマイホームを購入した夫婦の建築日記です。ハウスメーカーさんではなく、注文住宅です。
こうすればもっと良い家になったのに、というコトなど。
人生にそうそうある訳ではない「家を建てる」というビッグイベントで、少しでもウチの一戸建て建設経過がみなさんのヒントになればと思っています。