« 27.年が明けたが連絡なし。 | 家を建てる | 28.カーテン事件勃発!? »

家を建てる!  >  10.用語集  > リロケーションとは

リロケーションとは

リロケーションとは

リロケーションとは、移転や再配置のことです。
リロケーション=Relocationと表し、「留守宅を人に貸すこと」をさします。


リロケーション会社は、転勤者の留守宅を賃貸住宅として貸し出す管理業務を行います。
大きい会社であれば、このリロケーション業務を社内で持っており、自社の転勤者の留守宅を借り上げ、転勤したさらに他の社員に貸すというケースもあるようです。

平成12年3月1日より定期借家権(定期借家権制度)が認められるようになったため、期限付きでも自宅を賃貸住宅として賃貸契約を結ぶことができるようになりました。
その結果、せっかく買った新築マンションや一軒家を不意の転勤で泣く泣く手放す・・・ということもせずに、賃貸収入をローン返済へと回すことがしやすく、また人に貸すことによって不在期間中の家の傷みを抑えるということも可能になりました。

こういったことから、リロケーション市場は今後も拡大すると考えられています。

« 27.年が明けたが連絡なし。 | 家を建てる | 28.カーテン事件勃発!? »

About

一戸建てマイホームを購入した夫婦の建築日記です。ハウスメーカーさんではなく、注文住宅です。
こうすればもっと良い家になったのに、というコトなど。
人生にそうそうある訳ではない「家を建てる」というビッグイベントで、少しでもウチの一戸建て建設経過がみなさんのヒントになればと思っています。