« リロケーションとは | 家を建てる | 地鎮祭 初穂料とは »

家を建てる!  >  02.家を建てるまで編  > 28.カーテン事件勃発!?

28.カーテン事件勃発!?

いよいよ、決定事項が少なくなりつつある2月上旬。

カーテンは自分達で購入しようと思っていたが、カーテンレールと一緒に建設会社にお願いする運びとなった。
Oさんがカーテンのこれまた大きなカタログを1冊、カーテンレールのカタログを1冊届けてくれた。
すると、やはりまたまた社長さんの提案付き!?


カーテン、レースのカーテンはこれが良いのでは?というカタログに付箋がついていた。
そして提案事項の箇条書きメモつき。

・カーテンは全部屋同じものが良いのでは?
・レースは薄めの無地っぽいのが良いのでは?
・タッセル(カーテンを留めるもの)は編みこみの豪華なものが良いのでは?
・ブレード(カーテンの生地にオプションで付ける豪華なレース)を付けた方が良いのでは?
・カーテンレールはカーテンの生地で覆い隠す作りのものが良いのでは?

といったもの。
カーテンの選んでくださった生地はイメージしていたオレンジ系のもので、
カタログの他のを見ても、社長提案のものが一番好みだった。
レースはミラータイプ(外から見えづらいもの)の無地っぽい、生成りがかった色へ変更。
そして問題のタッセル、ブレード、カーテンレールを隠すタイプ・・・。
タッセルはリビングダイニングだけつけようか?と話していたが、結局カーテンと同じ生地のオーソドックスなタイプへと決定。
ブレード、カーテンレールを隠すタイプもナシ。

夫がOさんにその旨電話した際、近くに社長さんが居たらしく、急に社長自ら電話口で
自分の提案したタッセル、ブレードを力説・・・!?
これにはちょっとビックリ。
今までそんなことなかったし・・・夫は「妻と相談します」と一旦電話を切り、その後再びOさん来訪。
私は外出中だったので帰宅後様子を聞くと「家が全体的にシンプルなので、せめてカーテンでアクセントを!!!」と豪華さを主張の社長の気持ちを汲むため1日クッションをおいてもらえますか?とのお願いだったらしく、Oさんの顔を立てることに。
そしてまた明日来訪しますとのこと。
「Oさん、間に入って大変だよねぇ」な日だった。

« リロケーションとは | 家を建てる | 地鎮祭 初穂料とは »

About

一戸建てマイホームを購入した夫婦の建築日記です。ハウスメーカーさんではなく、注文住宅です。
こうすればもっと良い家になったのに、というコトなど。
人生にそうそうある訳ではない「家を建てる」というビッグイベントで、少しでもウチの一戸建て建設経過がみなさんのヒントになればと思っています。