« 29.「カーテン」決定しました! | 家を建てる | 30.家の中を見に行きました。 »

家を建てる!  >  10.用語集  > 地鎮祭とは

地鎮祭とは

地鎮祭とは

地鎮際とは、建物の工事に先立ち、土地の神を祝い敷地を清め、神の加護と工事に関わる人々の安全を祈願するために行う儀式のことです。

この考え方には、大地にはそれぞれの土地を司る神々がお鎮まりになっている、という思想が根本にあります。
ですので、その土地に人が手を入れる場合には、その土地を支配する産土神(うぶすながみ)と大地主神(おおとこぬしのかみ)に許しを請う必要があり、これを得るために地鎮祭が行われる、というのが本来の意義のようです。

が、今は地鎮祭を行わないケースも増えています。
(地域や信心深さにもよるとは思いますが)


地鎮祭をやる場合には、まずは工事業者に相談してみましょう。
段取りをしてくれる場合があります。

また、地鎮祭が終わった後に神主さんに払う謝礼・お礼のことを初穂料玉串料)といいます。

お供物は野菜、果物、魚、酒、水、塩、米などが用意されます。

また、お供物は基本的には「神様にお供えしたもの」ということで、神主さんがお持ち帰りになることが多いようです。

« 29.「カーテン」決定しました! | 家を建てる | 30.家の中を見に行きました。 »

About

一戸建てマイホームを購入した夫婦の建築日記です。ハウスメーカーさんではなく、注文住宅です。
こうすればもっと良い家になったのに、というコトなど。
人生にそうそうある訳ではない「家を建てる」というビッグイベントで、少しでもウチの一戸建て建設経過がみなさんのヒントになればと思っています。