« 34.『注文住宅』で家を建てるということ | 家を建てる | 登記完了証とは »

家を建てる!  >  03.引越し編  > 35.引越し当日の引越し業者さん達

35.引越し当日の引越し業者さん達

引越し当日がついに来た!!!

前日が1日中、暴風雪だったので、引越し当日の天気が気になっていたら、
何とか雪が降らない天候だった。

1月末に見積もりを3社に依頼、1番最初に頼んだ大手引越し業者Yに決めた。
見積もりを時間をかけてしてくれ、色々細かい点、作業の流れを教えてくれ、3社の中で時間も一番早く終わるということでYに決定。

大手引越し業者Yが9時に来る前に、車に積む荷物を積む為に早起き、準備万端で来訪を待つ。
8時55分前に到着、大きな家具等は見積もり済みだがもう一度、トラックに積む物、積まない物、引き取ってもらう廃棄物のチェックをし、作業開始となった。

アパートは1階部分が車庫になっていて、我が家は3階。
階段の幅がとても狭く、その事が見積もりに詳しく書かれていなかったらしく、作業の方々は困惑気味・・・。
大きめな家具を窓から「吊るし下げ(人力で下ろす!?)」したりで、荷物を出すのに悪戦苦闘。
3時間かかりました。
この3時間、コートを着て部屋に立っている状態。
ドアは開放したままなので、部屋はものすごく寒かったです。
「冬の引越し、大変だね!?」と周りから言われていたの納得な瞬間・・・。
雪国の方は厚着で臨むべし!です。

新居に移動したのが12時過ぎ、予定終了時間は13時。
ホントに終わるのかな?と夫と心配しつつ移動。

しかし心配無用でした。
新しい家の階段幅は88cm、悪戦苦闘な家具や荷物もすんなり移動。
階段幅が通常より広いのは建設会社の社長が
お子さんと手をつないで階段を昇れるように」と広くしてくれたもの。
廊下の幅も107cmと余裕の広さ。
ダンボールなどは「バケツリレー」のように手渡しで運び、13時ちょうどに終了!!!
作業の方「こんなに物を運びやすい家は10軒に1軒あるかないかだ・・・」とつぶやいてました。
引越し作業中に祖父が家を見に来るハプニングもあり。
ちょっぴり業者さんに気を遣いつつ、家の中を案内。

後日、ダンボールの引き取りの話しなどをして無事全てが終了!

« 34.『注文住宅』で家を建てるということ | 家を建てる | 登記完了証とは »

About

一戸建てマイホームを購入した夫婦の建築日記です。ハウスメーカーさんではなく、注文住宅です。
こうすればもっと良い家になったのに、というコトなど。
人生にそうそうある訳ではない「家を建てる」というビッグイベントで、少しでもウチの一戸建て建設経過がみなさんのヒントになればと思っています。