« 登記完了証とは | 家を建てる | 「生活動線」で設計図を変更 »

家を建てる!  >  09.papaのつぶやき  > 家相と間取り

家相と間取り

家を建て終えて、住み始めてから思ったこと。

そういえば、「家相間取り」って殆んど考慮しなかったんですよね。

そもそも、家相とは5000年前の古代中国より始まる、歴史ある学問ということ。
風水学をベースとし、運を住まいに呼び込むために儒教の影響を受けつつ日本の風習に合わせて発展してきたものだそうです。

家相風水とはほとんど同じ意味ととらえてもいいのかもしれませんね。
(専門家の方からは反論が出そうですが、一般人としてはおんなじような感覚認識です)


その土地本来が持つ気のパワーを活かし、陰と陽のバランスを取り幸運のパワーを生み出す、というのが家相の考え方ということ。

言い伝えや迷信、といった風に感じる部分もある考え方ですが、やはり歴史があるということはそれだけ”意味がある”事柄なのかな、とも思います。

ただ、家相にあまりにもこだわって家つくりをしてしまうと、制約が多くなりすぎたりしてしまうかと思います。
まずは自分達の考える住みやすさ、理想の家を考えて、それから家相を取り入れる、という流れが自然なのではないでしょうか。
間取ソフトなどもあるようですから、家の間取シミュレーションなどもやってみても良いのかもしれませんね。

玄関を鬼門に置いても、悪いことが起きない家は全く起きないですし、吉相で建てた家も悪いことが起きる時は起きているそうです。
家相はそれほど大切ではなく、住んでいる人の良い気のパワーが、一番なのかもしれませんね。

« 登記完了証とは | 家を建てる | 「生活動線」で設計図を変更 »

About

一戸建てマイホームを購入した夫婦の建築日記です。ハウスメーカーさんではなく、注文住宅です。
こうすればもっと良い家になったのに、というコトなど。
人生にそうそうある訳ではない「家を建てる」というビッグイベントで、少しでもウチの一戸建て建設経過がみなさんのヒントになればと思っています。