« 家相と間取り | 家を建てる | 36.ホッとするのも束の間、「掃除、ダンボール開梱」 »

家を建てる!  >  04.住み始めてから気づいたこと編  > 「生活動線」で設計図を変更

「生活動線」で設計図を変更

設計図が出来上がってから急遽「生活動線」の変更をした。
これまた建設会社の社長提案。

当初、キッチンと脱衣室は隣同士だったが壁で区切られていた。
脱衣室は廊下からの出入りのみ。
社長:「奥さんが料理をしていても、一直線で洗濯機のところに行ける方が都合が良いのでは?」
という話しになった。

確かに私が主に使う「キッチン」と洗濯機のある「脱衣室」はつながっていると便利だなと思い、すぐに変更をお願いした。

実際に暮らしてみて、この判断は大正解でした。
キッチンと脱衣室は引き戸をつけてもらい、ほぼ普段は開けっ放しにしているので、
料理の合間に洗濯ができたり。
洗濯物を干していて、お客さんが来ている時は引き戸を閉めれば洗濯物も隠せる。

こういった生活導線って大事なんですね。

“ちょっとした気付き”が後々、気付いて良かった!!!と強く思った部分でした。

« 家相と間取り | 家を建てる | 36.ホッとするのも束の間、「掃除、ダンボール開梱」 »

About

一戸建てマイホームを購入した夫婦の建築日記です。ハウスメーカーさんではなく、注文住宅です。
こうすればもっと良い家になったのに、というコトなど。
人生にそうそうある訳ではない「家を建てる」というビッグイベントで、少しでもウチの一戸建て建設経過がみなさんのヒントになればと思っています。