« 2006年05月 | メイン | 2006年07月 »

2006年06月21日

棟上式とは

棟上式とは

棟上式とは、上棟式、または建前ともいわれます。

無事に建物骨組みが完成したこと感謝するとともに、工事の無事完成を祈り祈願する儀式です。
工事の完了まで、災いが起こらないようにとの願いを込めて行います。


詳しくは、上棟式とは、をご覧ください。

建前(上棟式)

建前とは

建前とは上棟式のことです。
棟上式(むねあげ)ともいわれます。

無事に建物骨組みが完成したこと感謝するとともに、工事の無事完成を祈り祈願する儀式です。

詳しくは、上棟式とは、をご参照ください。

上棟式のご祝儀

上棟式のご祝儀

上棟式のご祝儀はどのくらいでしょうか。
かなり、迷われている方も多いのではないでしょうか。

上棟式はこれまでの作業のねぎらいと、今後の作業の無事を祈り、今後も気持ちよく職人さんに仕事をしてもらうねぎらいの場でもありますので、気持ちが伝わる金額をご祝儀として包みます。

一般的に、上棟式のご祝儀として包む額は、

・棟梁や現場監督:1万
・その他:5千円

というのが多いようです。

ただし、メーカーの方針として、お金は受け取らないとか、地域によっては棟梁には10万円包むとか様々なようです。

上棟式のご祝儀は、職人さんたちへの「ねぎらいの気持ち」ですから、懐具合とも相談してご祝儀とするのが良いのではないでしょうか。

上棟式とは

上棟式とは

上棟式とは、棟上式(むねあげ)または建前ともいわれます。

無事に建物骨組みが完成したこと感謝するとともに、工事の無事完成を祈り祈願する儀式です。
工事の完了まで、災いが起こらないようにとの願いを込めて行います。

現在では上棟式は、建て主が工事関係者・職人さんを慰労し、気持ちよく仕事を進めてもらうための「もてなし」としての意味合いが強くなってきています。

ただし、必ず行わなければならないものではありません。
建設会社と相談して決めると良いと思います。

上棟式の参加者は、建主の関係者と建築士、工事関係者です。
地域、建主の考え方によって、上棟式の方法は様々です。
魔よけのための幣束(へいそく)を鬼門に向けて立て、四隅の柱に酒や塩などをまいて神を拝む上棟式から、簡略化、省略するケースもあります。

当日は酒宴を設けて、工事関係者をねぎらうのが一般的です。

しかし、車で通う職人さんも多く、酒を飲まない人もいることから、運営に関してもどういう形にするか相談してみると良いでしょう。
基本の考え方としては、職人さんたちに気持ちよく働いてもらう、というのが伝われば成功ではないでしょうか。

地域によっては、町内の役員さん、近所の人を招いたり、棟木の上からお捻りを巻いたり、近所に赤飯を配るなど、色々な祝い方があるようです。

また、三隣亡という考え方があり、これはこの日に建築をすると火事が起こり、近隣三軒を焼き滅ぼすというものです。
日取りに関しては、三隣亡を避けて、営業担当者、工事担当者と相談して決めることになります。

2006年06月20日

御神饌料とは

御神饌料とは

御神饌料とは、地鎮祭のときに、神主さんへの謝礼として熨斗袋の表書きとして書きます。

また、「御初穂料」「御玉串料」と書くこともあります。

地鎮祭の費用

地鎮祭の費用

地鎮祭の費用は、一般的には神主さんへの報酬や、祭壇への供物も含めて5万くらいまでが相場のようです。
(各地域により異なります)

地鎮祭費用の相場としては・・・
・神主さんへの謝礼(初穂料)は1万〜3万程度
・供物等費用は1万円程度

ほかに、神主さんが自分の車で来られるときには別に「お車料」が必要となります。
お車料は1万円以内が一般的です。

また、建設会社によっては、地鎮祭のときに工事関係者へご祝儀を渡すこともあります。
このあたりは、担当の営業さんに確認すると良いと思います。

気をつけないといけないのが、地鎮祭の費用が工事金額に含まれていないとき。
いきなり地鎮祭の費用が10万円です、などというケースが無きにしも非ずですので、気をつけるに越したことはないでしょう。

現在では、地鎮祭自体を行わないケースも増えてきています。

地鎮祭のお礼

地鎮祭のお礼

地鎮祭のお礼です。
地鎮祭を行ったら、神主さんへお礼をするのが一般的です。

地鎮祭のお礼をする際、のし袋・祝儀袋に「御初穂料」もしくは「御神饌料」と表書きしてお渡しします。

お礼の相場としては、1万円〜5万円が一般的とされます。
地域や神主さんにより、値段が異なる場合が多いですので、工務店に訪ねておくと安心かと思います。
基本的に、地鎮祭でお礼を包むのは神主さんだけかと思いますが、ケースによっては、現場監督や棟梁にも渡す場合もあるようです。
やはり工務店に訪ねて、段取りをしてもらうと安心で確実だと思います。

また、現在では地鎮祭自体を行わないケースもあります。

地鎮祭のお礼は初穂料玉串料と表現することもあります。