« 御神饌料とは | 家を建てる | 上棟式のご祝儀 »

家を建てる!  >  10.用語集  > 上棟式とは

上棟式とは

上棟式とは

上棟式とは、棟上式(むねあげ)または建前ともいわれます。

無事に建物骨組みが完成したこと感謝するとともに、工事の無事完成を祈り祈願する儀式です。
工事の完了まで、災いが起こらないようにとの願いを込めて行います。

現在では上棟式は、建て主が工事関係者・職人さんを慰労し、気持ちよく仕事を進めてもらうための「もてなし」としての意味合いが強くなってきています。

ただし、必ず行わなければならないものではありません。
建設会社と相談して決めると良いと思います。

上棟式の参加者は、建主の関係者と建築士、工事関係者です。
地域、建主の考え方によって、上棟式の方法は様々です。
魔よけのための幣束(へいそく)を鬼門に向けて立て、四隅の柱に酒や塩などをまいて神を拝む上棟式から、簡略化、省略するケースもあります。

当日は酒宴を設けて、工事関係者をねぎらうのが一般的です。

しかし、車で通う職人さんも多く、酒を飲まない人もいることから、運営に関してもどういう形にするか相談してみると良いでしょう。
基本の考え方としては、職人さんたちに気持ちよく働いてもらう、というのが伝われば成功ではないでしょうか。

地域によっては、町内の役員さん、近所の人を招いたり、棟木の上からお捻りを巻いたり、近所に赤飯を配るなど、色々な祝い方があるようです。

また、三隣亡という考え方があり、これはこの日に建築をすると火事が起こり、近隣三軒を焼き滅ぼすというものです。
日取りに関しては、三隣亡を避けて、営業担当者、工事担当者と相談して決めることになります。

« 御神饌料とは | 家を建てる | 上棟式のご祝儀 »

About

一戸建てマイホームを購入した夫婦の建築日記です。ハウスメーカーさんではなく、注文住宅です。
こうすればもっと良い家になったのに、というコトなど。
人生にそうそうある訳ではない「家を建てる」というビッグイベントで、少しでもウチの一戸建て建設経過がみなさんのヒントになればと思っています。