« 家相の目的とは | 家相と間取 | 間取りっど3 »

家相と間取について  >  01.家相と風水  > 家相の歴史

家相の歴史

家相の歴史

家相はいつ頃、どこから来たのでしょうか。

家相はそもそも、古代中国の「陰陽五行説」という概念を基本としているとされます。
家の相(家相)によって吉凶を占います。

その思想が平安時代の頃、日本に入ってきて次第に広まりました。
その後戦国時代を経、江戸時代に大きく普及したとされます。

江戸時代に盛んになった家相学、様々な家相の流派が生まれ、数多くの家相書が出来たといわれています。
今のような家相になったのも、江戸時代の後期とされます。

家相は時代とともに変化してきています。
江戸時代には合理的であった考え方が現代でも合理的であるとは限りません。

やはり、取り入れるべきは取り入れるが、全てを鵜呑みにはしない、盲信しないということが大切かと思います。

« 家相の目的とは | 家相と間取 | 間取りっど3 »