« Dr.コパの風水間取りの本 | 家相と間取 | 陰陽説とは »

家相と間取について  >  01.家相と風水  > 陰陽五行説とは

陰陽五行説とは

陰陽五行説とは

家相の歴史において、「家相はそもそも、古代中国の「陰陽五行説」という概念を基本としているとされます」と書きました。
では、陰陽五行説とは一体なんなのでしょうか。

陰陽五行説とは、簡単にあらわすと、

・陰陽説
・五行説

この2つの考え方が一緒になったのものだといわれています。

陰陽説とは、すべての出来事・存在を「陰と陽」の2つに分ける考え方。
五行説とは、すべての現象は、「木、火、土、金、水」の5気が循環して成り立つという考え方。

となります。
この2つが一緒になったのが陰陽五行説とされます。

日本には6世紀ごろに入ってきたといわれます。

陰陽師で有名な安倍晴明はこの陰陽五行説を研究する陰陽道を究めた人物だったとされています。


五行説では、隣り合った気は相性が良いとされます。
相性が悪いとしてパッと思いつく「水は火を消す」を見てみると、気が隣り合っていませんね。

家相における考え方、俗説の根拠は五行説からきています。


陰陽説と五行説については、それぞれ分けて調べてみることにします。

« Dr.コパの風水間取りの本 | 家相と間取 | 陰陽説とは »