« 陰陽説とは | 家相と間取 | 風水と家相 »

家相と間取について  >  01.家相と風水  > 五行説とは

五行説とは

五行説とは

五行説とは、世界を形成する要素を木・火・土・金・水の5つと考え、森羅万象の生成・変化をこの5つの要素で説明するものです。
5つの気が循環することで、様々な事象が起こると考えます。

(五行の「行」には「巡る」という意味があります)

この5要素はそれぞれ、
「木」=樹木
「火」=炎
「土」=大地
「金」=金や刃物
「水」=水
を表します。

相生関係という考え方があり、これは、
「木から火が、火から土が、土から金が、金から水が、水から木が生じた」
というように考えます。
良い関係を表します。

また、相克関係という考え方があります。
これは、
「土は木に養分を奪われ、木は刃物に切られ、金は火に溶かされ、火は水に消され、水は土に吸い取らる」
というように考え、相容れない関係を表します。

また、木・火・土・金・水はそれぞれ、青・赤・黄・白・黒の色が割り当てられます。
古代中国(朝鮮?)において、木火土金水と同様にこの5色が非常に重要視され、大切なお客さんが来たときや宮廷料理などではこの5色(青赤黄白黒)を基本として料理を作ったと伝えられています。

ちなみに、水星、金星、火星、木星、そして土星の五惑星はこの五行説に名を由来するということです。

« 陰陽説とは | 家相と間取 | 風水と家相 »