« 風水と家相 | 家相と間取 | 「鬼門」とは »

風水とは

風水とは

風水とは、簡単に表すと、「良い場所」「安住の地」を選定する術、となります。
風水でいう良い場所とは、龍が勢いよくうねる形の山脈に囲まれ、土や人々を潤す水の流れのある平地だとされます。

また、風水を大きく分けると、
・大地形をみる「地理風水」
・死者を埋葬する墓をみる「陰宅風水」
・人間の住まいをみる「陽宅風水」
の3つになります。

風水の大別

地理風水とは、為政者のための風水。
都の建設などに活用されました。

日本における京都も、典型的な風水の条件が揃った良い場所だそうです。
また、東京も富士山からの龍脈が集まる、素晴らしい場所だそうです。


隠宅風水は、死者を風水上の良い場所に埋葬することによって、子孫に良い命運をもたらす、という考えがあるということです。


そして、住宅を建てる際に考えることになるのは、風水の中でも「陽宅風水」ということになります。


風水において、「良い場所」とは「龍穴」と呼びます。


「安住の地を見極める」のが風水ということになりますので、地理学に近いというように考えることができます。

« 風水と家相 | 家相と間取 | 「鬼門」とは »