« 風水とは | 家相と間取 | 「裏鬼門」とは »

家相と間取について  >  01.家相と風水  > 「鬼門」とは

「鬼門」とは

「鬼門」とは

よく、「鬼門」は良くない。
と聞きます。
建築のときに、鬼門裏鬼門に玄関や門、不浄のもの(台所、トイレ、風呂など)を配置するのは良くない、といわれます。
そもそも、鬼門ってなんでしょうか。

まず、鬼門とは北東の方角をさします。
裏鬼門は南西の方角をさします。


鬼門の由来について諸説あるかと思うのですが、ここでは匈奴と偏西風の話を取り上げます。

古代中国において、北東には宿敵である騎馬民族の匈奴、そして南西には戎という外敵がいました。
また、偏西風の影響で南西からは強い風。

古代中国の家屋は出入り口がひとつだったということ。
南西に入り口を設置してしまうと、偏西風により家屋の中は竜巻のような状態になってしまったとか。

ゆえに、南西は避けるようになったというはなし。

そして、北東は匈奴から国を守るために強力な壁が必要だったということ。

鬼門とは、つまるところ外敵と強風(偏西風)を意味していたという説です。

それが、いつしか鬼門は神様の通り道である方位とされて伝わってきたということです。
神様の通り道に、玄関や不浄のものを設置するのは貴い神に対して良くない、汚してはいけない、という考えです。

また、鬼門を日本に広めたのは聖徳太子だといわれています。


ただし、現代において鬼門や裏鬼門というのは、迷信だというような考え方の人も多くいます。
自分の信ずるところに従って、家の設計をすることが最優先だと思います。

あまり鬼門などの考え方にとらわれずに、自分達の理想とする家作りを考えるのが良いと思います。

« 風水とは | 家相と間取 | 「裏鬼門」とは »